プログラミング教室


プログラミング教育

image130

2020年から実施される新学習指導要領では、小学校でプログラミングが必修化されます。
実際には移行期間となる2018年度から小学校では必修化されますので、来年度から小学校でのプログラミング教育が始まります。
プログラミング教育は、小学校では「算数」・「理科」・「総合的な学習の時間」、中学校では「技術・家庭」の教科内で実施することが新学習指導要領で予定されていますが、他の教科でもプログラミング的な思考を用いて学習していこうという動きもあります。
まだまだ学校教育でのプログラミング教育の創成段階なので、文部科学省も学校も手探り状態ではあります。しかし、今後その重要性や必要性が増してくるのは確実で、他の学習教科へもつながる「子どもたちの考える力」を養うことにも大いに効果を発揮します。


新学習指導要領でのプログラミング教育

新学習指導要領でのプログラミング教育は、「プログラマーを養成しよう」・「全ての国民がプログラミングができるようにしよう」というわけでは決してありません。
『プログラミング的思考を身につけて、学習や思考に生かしていこう』ということです。
もちろん、コンピュータやAI(人工知能)が生活の中に普通に入ってきている今、「プログラミングができる」ということは今後備えておくべき能力の一つになるのかもしれません。


プログラミング的思考

image131

『プログラミング的思考』とは、「自分が求めることを実現するために、必要な動作や記号、またそれらの組み合わせを考え、どのように改善すればより意図したものに近くなるのかを考える論理的思考」のことです。
簡単に言ってしまうと、『与えられたもので、目の前の問題を解くための最善の方法を考える』ということです。

イメージしやすい例としては・・・
 ① 夕飯をつくる <目的>
 ② 冷蔵庫を開けて、入っているものを確認 <与えられているものを確認>
 ③ 冷蔵庫の中のもので、家族が一番喜ぶ何ができるかを考える <完成形の想像>
 ④ 最短時間でできる調理工程・作業工程を考える <各部分の設計>
 ⑤ 考えた手順通りに調理 <実行>
 ⑥ ちょっと失敗したから手直し <修正>
 ⑦ 食卓に夕食が並んで、家族が喜ぶ <完成・目的の達成>
これらの一連の動作も一種の『プログラミング的思考』と言えます。



ご案内

ビジュアルプログラミング

一般的に「プログラミング」と聞いてイメージするのは、キーボードでテキストコードを打っていく「テキストコーディング」だと思います。
もちろん、初めてプログラミングを行う小学生にとってはとても難しいものですし、直感的に『プログラミング的思考』を養うにはあまり適しているとは言えません。
本田義塾プログラミング教室では『ビジュアルプログラミング』という、直感的に操作できるものを用いて取り組んでいきます。
ビジュアルプログラミングは、画面上で各動作指令のブロックを組み合わせていくもので、見てわかりやすく、修正・リトライが簡単に行えるので、小学生でも簡単に操作することができます。

image128

初めてでも取り組みやすく

image134

小学生向けのプログラミング教室や書籍などで多く目にするのが「Scratch」や「ロボットプログラミング」ではないでしょうか。
子どもたちがプログラミングを学ぶことを目的として作られたもので、とても良いものではありますが、初めてプログラミングに取り組むときには少し大変かもしれません。
これらは、「大きな模造紙が広げてあって、様々な画材があって、『さあ、最初から最後まで、自由に、好きにやってごらん』」という感じのものです。
本田義塾プログラミング教室では、最終的には数百の様々な課題をクリアしていくようなステップアップ式の『ドリル形式』のシステムを用いて、初めてプログラミングに取り組む子どもたちでも取り組みやすくなっています。


ゲーム感覚で課題をクリア

image126

子どもたちは1回90分で20~30の課題をクリアしていきます。
一つひとつの課題がスモールステップで、段階を踏んでいきながら取り組んでいく構成になっています。
それでも子どもたちがそれほどの順調に課題をクリアしていけるのは

ゲーム感覚でプログラミング課題をクリアしていく

ところにあります。

ゲームみたいに楽しく、それでいて考える力がついていく

ところが本田義塾プログラミング教室の大きな特長です。


プログラミングの考える力が学習教科の力へ

image133

プログラミングには「数の並び方の規則性」や「角度」などの算数の考え方・知識が必要となってきます。
算数の勉強としてだとなかなか理解できないことも、実際に自分で見て、考えて、動かしていくことで自然と理解できます。
またプログラミングでは、どのような学習にもつながってくる『イメージして考える力』をつけていくことができます。



時間割

◇ プログラミング教室〔小3~小6〕◇

  •  月2回 隔週土曜日 14:00~15:30 ※2018年4月スタートの新規クラスの時間です
  •  奇数週土曜日に実施 ※カレンダーの関係で変更の場合があります

○ 上記は、2018年3月現在のものです。やむを得ず変更となる場合があります。予めご了承ください。
○ 原則として、祝祭日は休校となります。その他、休校となる場合は別途お知らせいたします。
○ 春期・夏期・冬期講習時は授業時間が異なります。



授業料

  • プログラミング教室
教  科 授業料(月額) そ の 他
プログラミング教室 月2回(隔週) 7,600 教材費
管理維持費
  • セット受講
教  科 授業料(月額) そ の 他
プログラミング教室 + 英語 13,000 教材費
管理維持費
実力テスト代
<月2回(隔週)+ 週1回>
プログラミング教室 + 英語・国語・算数 17,200
<月2回(隔週)+ 週2回>
プログラミング教室 + 国語・算数 11,800
<月2回(隔週)+ 週1回>

※ 上記授業料は、消費税を含んだ総額となっております。

入会金はかかりません。
ご兄弟で通塾の場合、弟妹様の授業料は2割引になります。
○ 実力テスト代は実施月の御納入となります。テスト実施予定は以下の通りです。
  [国語・算数]6月 / 8月 / 11月 / 1月
  [ 英 語 ]11月


Copyright(C) 2018 本田義塾 All Rights Reserved.